<< 雑誌社に広告の確認義務=パチンコ攻略法被害−大阪地裁(時事通信) | main | <大治町長選>「みんなの党」推薦の新人当選 単独では初(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<稲穂>枝増やす遺伝子を名大チームが発見 最大52%増も(毎日新聞)

 イネの穂の枝分かれ数を大幅に増加させる遺伝子を、名古屋大の研究チームが発見した。実験では「日本晴」の1株当たりの米粒数を最大52%増加させることに成功。小麦やトウモロコシにも応用できる可能性があり、研究チームは穀物の増産につなげられるとしている。23日付の米科学誌「ネイチャー・ジェネティックス」(電子版)で発表した。

 研究チームの芦苅基行・同大生物機能開発利用研究センター教授(植物分子遺伝学)らは、穂の枝分かれの数が日本晴より約3倍多い品種から、最初の枝分かれである1次枝梗(しこう)の数を決める遺伝子を特定した。

 日本晴にこの遺伝子を導入したところ、約11.6本だった1次枝梗数が21.4本に増加。1株当たりの米粒の数は2232粒から3142粒へと約41%増えた。さらに、芦苅教授らが05年に特定した米粒数を増加させる遺伝子も導入すると、1次枝梗数は23.8本、米粒数は3396粒と約52%も増えた。

 芦苅教授は「これらの遺伝子を利用するとイネの収量を劇的に増加させることができる」と期待している。【福島祥】

【関連ニュース】
遺伝子組み換えナタネ:港から国道沿いに自生 愛知で確認
京都大iPS細胞研究所:公開…分散していた研究拠点集約
ネアンデルタール人:ヒトと混血の可能性 ゲノムを解析
幹細胞:政府の姿勢を「研究阻害」と批判…京都大准教授
iPS細胞:臨床研究で使用可能に 厚労省専門委が指針案

西日本で大雨、東に拡大へ=低気圧北上、警戒を―気象庁(時事通信)
ワクチン接種、22日午前開始=最上位種の牛が陽性―宮崎の口蹄疫(時事通信)
東大寺法華堂 仏像群16体の林立見納め(産経新聞)
種牛「忠富士」が感染、残り5頭は経過観察(読売新聞)
水道事業海外展開 都、国と協力で一致 3大メジャーに対抗へ(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 22:41
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
ショッピング枠現金化
ネイルサロン
副業
探偵社
情報商材レビュー
クレジットカード現金化 即日
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
selected entries
archives
recent comment
  • 会期延長問題「話し合いが何らかの形でつく」(産経新聞)
    AtoZ (08/26)
  • 会期延長問題「話し合いが何らかの形でつく」(産経新聞)
    ジェームズ (05/13)
  • 会期延長問題「話し合いが何らかの形でつく」(産経新聞)
    桃医 (01/09)
  • 会期延長問題「話し合いが何らかの形でつく」(産経新聞)
    道隆 (01/02)
  • 会期延長問題「話し合いが何らかの形でつく」(産経新聞)
    晶太郎 (12/19)
  • 会期延長問題「話し合いが何らかの形でつく」(産経新聞)
    モグモグ (12/17)
  • 会期延長問題「話し合いが何らかの形でつく」(産経新聞)
    ちょーたん (12/12)
  • 会期延長問題「話し合いが何らかの形でつく」(産経新聞)
    ばきゅら (12/08)
  • 会期延長問題「話し合いが何らかの形でつく」(産経新聞)
    ちんたまん (12/04)
  • 会期延長問題「話し合いが何らかの形でつく」(産経新聞)
    機関棒 (11/25)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM